HOME 働き方改革 業務効率化で経理部門の働き方改革
働き方改革 2017/10/12

業務効率化で経理部門の働き方改革

ITやアウトソーシングを積極的に活用して業務効率化!フィンテック活用も視野に入れつつ、 経理部門の働き方改革に役立つヒントをご紹介します。

業務効率化で経理部門の働き方改革

一億総活躍社会の実現に向けた最大のチャレンジとして日本政府が強力に推進する「働き方改革」は、多くの企業でその取り組みが加速しつつあります。

適切なワークライフバランスを実現することは、従業員の生活の質と心身の健康を向上させ、ひいては、優秀な人材の確保と定着につながるものです。

働き方改革の目標である長時間労働の是正などを実現するためには、業務効率化や生産性向上が不可欠ですが、本来、社内で働き方改革を牽引すべき管理部門において、業務効率化が思うように進んでいないケースも多いようです。

業務効率化はさまざまな改善の積み重ねです。ITやアウトソーシングを適切に活用して実現をめざしましょう。

今回は、会計分野への導入が進むフィンテックの活用も視野に入れつつ、経理部門の働き方改革に役立つ機能やサービスを4つご紹介します。

レシート取込機能を活用して領収書の仕訳入力を手作業から解放しよう

外回り営業の多い企業では、経費精算の締め切り日が近づいてくると、経理担当者は目が回るほど忙しくなります。

特に、手作業による領収書の仕訳入力は、大きな負担。入力ミスや確認漏れも発生しやすくなります。

そんな時は、「レシート取込」機能を活用してみましょう。

レシート取込とは、証憑書類(レシート、領収書等)をスキャンもしくは撮影して、画像データを会計システムに取り込み、仕訳入力を自動化する機能です。

コンシューマー向けフィンテックとして人気の家計簿アプリで、その便利さ・手軽さに触れたことのある方も多いのではないでしょうか?

相手科目、部門、適用など、証憑から読み取れない情報は手入力で補完しますが、最近の会計システムは「学習機能」が発達しているのが特長です。手入力した仕訳パターンを学習して辞書化してくれるため、レシート取り込み時に選択ダイアログから選ぶだけで自動入力できます。

また、仕訳データと証憑画像データが紐付いているため、仕訳入力画面からいつでも簡単に証憑の内容を確認できるのも便利です。

取引明細の取込から仕訳作成まで自動化し煩雑な仕訳入力を大幅に軽減

フィンテックを利用した家計簿アプリでおなじみの機能と言えば、もうひとつ、「取引明細連携」も法人向け会計システムに本格導入されはじめました。

「取引明細連携」とは、アカウント・アグリゲーション・サービスというクラウドサービスを利用して、銀行口座やクレジットカードなどの取引明細データを複数の口座から収集し、インターネット経由で会計システムに自動的に取り込める機能です。

取り込むだけではなく、取引明細データの取引日、金額、店舗名、摘要などをベースとして、仕訳入力までの作業を自動化できます。

勘定科目などの情報を補完するだけで仕訳が完成するため、取引明細を手入力で転記する面倒な作業を大幅に軽減させることができ、入力ミスや記入漏れなども防ぐことができます。

また、レシート取込機能同様、手入力した仕訳パターンを学習するため、同様な取引内容が取り込まれれば、次回から補完入力も自動化されます。

銀行口座を介した取引件数が多い企業の経理部門におすすめの機能と言えるでしょう。

振込代行サービスを活用して振込業務の手間とコストをまとめて削減

振込業務をめぐるコストをスリム化できる経理部門向けフィンテックとして最近注目を集めている「振込代行サービス」。

格安かつ一律の振込手数料、初期費用・月額基本料・組戻手数料が無料といったコスト面ばかりが話題となっていますが、経理部門の業務効率化にも効果的なサービスと言えます。

その理由は、クラウドサービスならではの使い勝手の良さ。

支払先口座ごとに面倒な手続きが必要な振込業務を、簡単なプロセスで、一括してアウトソーシングできます。ほとんどの作業をウェブブラウザ上で完了できるのも魅力です。

全銀フォーマットやExcel/CSVファイルの振込データを利用すれば、振込情報の入力を一度で済ませることも可能です。

大量の請求書から振込情報を作成する作業が業務負荷になっている場合は、請求書を振込代行サービスに送付して、振込情報の入力をまるごとアウトソーシングすることもできます。これは有料オプションですが、利用料が手頃なので、手間とコストを比較しながら検討しておきたいサービスです。

スマートレポーティング機能でレポート作成をもっと簡単に、もっと柔軟に

いまどきの経理部門には、経営陣の意思決定や各部門の現状把握などに役立つ会計情報を提供し、ビジネスの成長に積極的に貢献する役割が求められています。

とは言え、そのための社内向けレポートを作成するには、さまざまなシステムからデータを収集して集計したり、各部門のニーズに応えるためExcelにデータを読み込んで加工したり、など、かなりの手間と時間がかかってしまうのも事実です。

そんな問題を解決できる機能が「スマートレポーティング」です。

これは、財務、販売、人事といったERPの各モジュールにおいて、必要な項目を選択するだけで簡単に帳票を作成できる機能です。
Excelでの加工に苦心したり、BIツールのスキルを身につける必要はありません。

また、作成した帳票やレポートは、紙文書の印刷・配布に時間を割くことなく、タイムリーにプッシュ配信し、Webブラウザで閲覧することが可能。
特定部署内から全社規模まで、決められた範囲で安全かつ容易に情報共有できます。
**********

経理部門の働き方改革とひと言で言っても、その課題は各社さまざまです。
具体的にどんな機能やサービスが必要なのか、会計システムベンダーの担当者に、一度相談してみましょう。
貴社の課題にフィットした機能やサービスがきっと見つかるはずです

人気記事ランキング - Popular Posts -
記事カテゴリー一覧 - Categories -
関連サイト - Related Sites -

経理ドリブンの無料メルマガに登録