HOME 会計処理 そのケース、経費で落とせるの?食事代編
会計処理 2021/09/28

そのケース、経費で落とせるの?食事代編

経費計上する際に、経理担当者が「どっちだっけ?」と迷いやすいシーンを題材にした「経費で落とせるの?」シリーズ企画。久々の第8回目は「食事」に関する経費についてクイズ形式でまとめました!
これまで見過ごしてしまっていたケースもあるかもしれませんので、チェックしてみましょう。それぞれの経費に対する正しい知識と考え方の理解に役立ててください。

※経費の判断には様々な要因が影響します。そのため、記事内の事例はあくまで目安とし、実際に経費計上する際は顧問税理士に確認のうえ処理してください。

食事代に関わる勘定科目「会議費」、「接待交際費」、「福利厚生費」

食事代に関わる勘定科目には主に「会議費」、「接待交際費」、「福利厚生費」の3つがあります。まずはそれぞれの特徴を把握しておきましょう。

■会議費
会議を行うための、場所代、機材代、印刷代などは「会議費」として計上できます。同様に、会議で出す弁当代なども、税務上会議費として認められるものであれば損金算入することが可能なのです。ただし、原則は1人5,000円までと決められています。

■接待交際費
取引先の接待に必要なものは「接待交際費」として計上できます。会食は贈答と並んで接待交際費の代表的な費用ですが、大企業は接待交際費の半分までしか計上できません。一方、中小企業は上限800万円までは接待交際費として全額の損金算入が認められています。

■福利厚生費
社員への福利厚生に関する費用は「福利厚生費」として計上できます。福利厚生の範囲は非常に広く、一定の条件を満たしていれば、役員を含む社員のレジャー、健康増進、住居に関わるものなども経費として計上できます。この範囲については会議費や接待交際費よりも基準が不明確であり、「社会通念」つまり常識が判断材料になる傾向があります。

ケース1
週1回、社員とランチミーティングを行っています。
この食事代は経費で落ちますか?

チームのコミュニケーションを深めることを目的に週1回でランチミーティングを行っています。業務の進捗報告なども行っていますが、これは経費として落ちますか?
気になる答えは…
○ 会議費として経費で落ちます!
社内会議を兼ねたランチや軽食を社員ととった場合、1人5,000円までは会議費で経費として落とすことができます。ただし、証拠となる領収書や参加者名、飲食店の名前などは記録として残しておきましょう。簡単な議事録を作成することでも補完することができます。

POINT!
社内会議を兼ねていれば、1人5,000円まで会議費で経費計上可能

ケース2
会議でアルコールを飲むことがあります。
この時の酒代も経費で落ちるのでしょうか?

海外の取引先との会議では、食事のメニューに少量のアルコールが付いていることもあります。日本では会議でお酒を飲むケースはあまりありませんが、このような場合も経費として認められるのでしょうか?
気になる答えは…
○ 一定の条件を満たせば会議費として落ちます!
日本でも「会議をするのに相応しい場」として認められる場合は、酒類も会議費として経費で落とせます。しかし明らかに会議を行いづらそうな居酒屋などでの費用は、認められない可能性があります。この場合も、どのような会議内容だったかを簡単に記録しておくのがベストです。

POINT!
「会議を行う場」として認められれば経費計上可能

ケース3
残業中に出前アプリで夜食を頼みました。
夜食代は経費で落ちるのでしょうか?

繁忙期は仕事が深夜まで長引くため、出前アプリの会社アカウントで夜食を頼むことがよくあります。これは経費で落ちるのでしょうか?
気になる答えは…
○ 福利厚生費で落とせます!
「会社から夜食を頼む」もしくは「会社が自前で支給する」場合は、福利厚生費として夜食代を経費にすることが可能です。ただしこれは、「会社を通じて注文する」ことが条件になります。個人で注文した場合は福利厚生費ではなく給料で支払わなければなりません。仕事中の食事を経費として落とす場合には、社用携帯から注文する、会社の担当者に頼むなど、会社を通すようにしましょう。

POINT!
会社を通しての注文であれば福利厚生費で経費計上可能

ケース4
取引先でもあり個人的にも仲の良い友人とホテル内の高級レストランで食事をしました。
代金は経費に計上できるのでしょうか?

取引先でもある友人と仕事などの話をしながらホテル内の高級レストランで食事することがよくあります。
かしこまった接待という感覚ではないのですが、この食事代は経費で落ちますか?
気になる答えは…
○ 接待交際費で落とすことができます!
事業活動に関連することであれば、原則、プライベートでの交友がある相手でも食事代を接待交際費として落とすことができます。同様に、場所についても事業活動の一環ということが証明できればホテル内の高級レストランでも居酒屋でも経費計上することができます。
なお、接待交際費とするためのポイントとなるのは以下の3要件ですので、併せてチェックしておきましょう。
  • 支出の相手が事業に関係あるものであること
  • 支出の目的が事業関係者等の間の親睦の度を密にして取引関係を円滑な進行を図ること
  • 行為形態が接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為であること

POINT!
事業活動に関連していれば接待交際費で経費計上可能
**********
食事代はシーンによって様々な勘定科目で処理でき、さらに損金算入が認められるケースもたくさんあります。ただし、経費計上できる範囲が広いからこそ、根拠に基づいた処理が求められます。状況をしっかり整理して正しい勘定科目で処理することはもちろんのこと、初めて経費に落とすパターンがある際は特に注意して対応してください。懸念点が多い場合は、税理士に相談してみると安心です。
人気記事ランキング - Popular Posts -
記事カテゴリー一覧 - Categories -
関連サイト - Related Sites -

経理ドリブンの無料メルマガに登録