HOME 補助金 IT導入補助金2020の概要と今年のおすすめツール!
補助金 2020/08/04

IT導入補助金2020の概要と今年のおすすめツール!

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業にITソリューションを促進する「IT導入補助金2020」が、2019年に引き続き2020年も実施されています。採択されれば最大450万円の補助金が受け取れるこの施策は、本年も企業の成長を支えてくれる大きな力となりそうです。
また、本年は新型コロナウイルスの影響で設備投資に回せる資金が不足している企業も多いのではないでしょうか。同施策にはそういった企業の存在も見越した「特別枠」も設けてあります。今回はIT導入補助金2020の概要と、経理の現場におすすめのツールを紹介します。

IT導入補助金2020とは

IT導入補助金は、自社の課題やニーズに応じたITツールを導入する際、かかった費用のおよそ半額を還付金として受け取れる制度です。

■IT導入補助金2020の補助額
30万円~450万円

■IT導入補助金2020の補助率
補助対象経費の1/2以内、2/3以内、3/4以内のいずれか

■補助対象事業者
業種 資本金・出資金額
資本金・出資金額 従業員数
製造業、建設業、運輸業 3億円以下 300人以下
ゴム製品製造業 900人以下
ソフトウェア業、情報処理サービス業 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下
旅館業 5,000万円以下 200人以下

■IT導入補助金2020の補助対象ツール
  • ECサイトの構築
  • 予約システム
  • 顧客管理システム
  • 会計システム、給与計算システム

対象ツールの種類は、大きく3種に分けられます。

甲…顧客への商品供給に関わるツール
乙…非対面・遠隔でのサービスのビジネスモデル構築に関わるツール
丙…テレワーク環境を整備するためのツール

また、補助の対象となるのはIT導入補助金2020に登録されている事業者のITツールのみです。申請には事前にIT導入支援業者とのやりとりも発生するため、スケジュールに余裕があるうちに早めに行動する必要があります。

2020年の変更点

IT導入補助金2020は、補助額の下限が前年度よりも10万円引き下げられ、より使いやすくなりました。さらに、新型コロナウイルスによる投資の停滞を防ぐため、従来よりも補助率を上げた「特別枠」も設けています。その一方で、補助金適用の要件に「賃上げ」が加わるケースがあるなど、注意しなければならない点もあります。

■賃上げの内容
  • 給与支給総額を年率平均1.5%以上向上する
  • 事業場内最低賃金を地域別最低賃金+30円以上に向上する

上記の要件が未達の場合は、補助金額の一部返還などのペナルティとなる可能性があります。

通常枠として設定されているA、B類型と、特別枠のC類型における概要は以下の通りです。

類型 補助金申請額 補助率 プロセス数 甲乙丙ツール要件 賃上げ要件
A類型 30~150万未満 1/2 1 加点
B類型 150~450万 4 必須
C類型-1 30~150万未満 2/3 1
補助対象経費
全体の1/6以上
加点
150~450万 必須
C類型-2 30~300万未満 3/4 乙or丙
補助対象経費
全体の1/6以上
加点
300~450万 必須

■A、B類型の7次締切分/C類型の6次締切分
2020年8月31日(月) 17:00

■A、B類型の8次締切分/C類型の7次締切分
2020年9月30日(水) 17:00

通常枠のA、B類型/特別枠のC類型共に、予定されている最終締切は2020年9月30日(水) 17:00となっていますので、興味のある人は締め切りに注意して準備してください。

※関連サイト:令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業「IT導入補助金2020」

テレワークで注目が集まる補助対象のITツール

IT導入補助金に参画する登録事業者として、ミロク情報サービスでも補助対象のITツールを幅広く提供しています。

■ミロク情報サービスの登録予定サービス
企業向け業務パッケージ Galileopt NX-Plus シリーズ
MJSLINK NX-Plus シリーズ
MJS税務 NX-Plus シリーズ
ACELINK NX-CE シリーズ
iCompassNX シリーズ
Edge Tracker シリーズ
会計事務所向け業務パッケージ ACELINK NX-Pro シリーズ
セキュリティ・情報漏えい対策 SOXBOX NX-Plus
マイナンバー管理 MJSマイナンバー
リモートツール iCompassリモートPC2

上記のラインナップには、会計システムはもちろん、テレワークの環境構築に欠かせないツールも揃えています。例えば、「Edge Tracker」では遠隔での経費精算や勤怠管理などに活用できる機能を搭載しています。また、「SOXBOX NX-Plus」ではセキュリティ・ログ収集機能を使うことで、社員のリモート業務管理を行うことができます。テレワーク推進ツールはIT導入補助金でも特別枠が設けられているので、この機会にぜひチェックしてみてください。

※関連記事:テレワークでの労務管理は、このツールを使うべし!
※関連記事:確定申告は電子申告、業務は在宅で!新型コロナウイルス感染対策に見るリモート作業の重要性

IT導入補助金 IT導入補助金 「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」であるMJSがスムーズな導入を支援します!
**********

テレワークの推進や、軽減税率制度の実施でITツールが欠かせない時代となり、これまでITとは無縁だった人も導入を考えざるを得ないタイミングに差し掛かっているのではないでしょうか。まさにその渦中にいる人にとってIT導入補助金は最適な制度ではありますが、スケジュールが不明瞭な部分があったり、要件が追加されることもあるため、コンスタントな情報収集が必要です。
また、IT導入補助金は2017年以降4年連続で実施されている施策ですが、毎年必ず実施されるわけではありません。この記事を読んでピンときた人は、すぐに行動することが重要です。

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事ランキング - Popular Posts -
記事カテゴリー一覧 - Categories -
関連サイト - Related Sites -

経理ドリブンの無料メルマガに登録